2007年度

 

 

第85回  2008.03.10  「今期の総括と来期の方針について」

第84回  2008.02.18  「カビについて」 -(株)テムス 伊藤様-

第83回  2008.01.21  「内装仕上げ材について」 -扇産業 脇長会員様-

第82回  2007.12.10  「家相・風水について」 -日本啓運協会 寺川扇可様-

第81回  2007.11.12  「電気設備工事について」 -(株)伍光 伍光社長様-
                           土井電気 土井社長様-

 

第80回  2007.10.15  「エコ住宅」

            「ペレットストーブ」

             -あんど設計(株)

                   上田恵三会員様-

            「SGEC太田川の森林認証材で

                      家を作る」
             -永本建設(株)永本清三様

                    SGEC 安田様-

 

 

<感想>

上田さんの家造りの理念としておられる、5感を大切にした住まいの設計と施工、特に換気方法(自然換気)には何時もながら感心しています。

自然の風を自然に受け入れる(体も家の内外も)、そして吐き出す。…聞いているとなんとも言えない心地よさ。

又、自然素材を十分に活かした建物をお客さんにアピール、理解してもらっての受注が目にうかびます。今後もいろんな素材を教えて下さい。

永本さんの循環型社会の中での家造りテーマの一つである地産地消の為の森つくり、緑の循環etc…すばらしい事ですね。『お前やってみい』!と言われてもなかなか出来るものではありません。

そのなか、林業家の安田さんが慣れた手つきでパソコンを操り、太田川流域SGECネットワークの解説をされ、又、森に対する情熱をビリビリと感じさせられながら(私だけかも?)の受講はとても気持ちよく、パワーをいただきました。

エコ、バイオマス、ロハス、循環型社会と、読んだり聞いたりしていますと、何だか小さい時の田舎生活(清潔さには欠けていたけど)を思い出しました。

自然素材の中での『衣・食・住』で四季を感じられることが至福かも。…

 

冨金原啓亨

第79回  2007.09.18  「給排水設備工事について」 -井川様-

            「最新技術について」 -TOTO 技術担当者様-

 

 

<感想>

今回の内容は、TOTOさんによる「最新技術について」と井川さんによる「給排水設備工事について」でした。

TOTOさんのお話ではトイレ・浴室のバリアフリーについての考え方や提案を聞くことができました。手すりや手洗器の配置位置、寸法等、実際に映像でみた高齢の方や、肢体不自由な方のトイレ・浴室の使い方や要望などを反映しているとのことでした。

 井川さんのお話は給排水衛生設備について基本的な内容から、現場での話まで幅広い内容がコンパクトにまとめられていて勉強になりました。

 
典設計室  岡平隆広

第78回

第77回  2007.07.18  「木材について」 -木童 木原社長様-

            「茶室について」 -建築工社 花本社長様-

 

 

<感想>

木童の社長の講演を聴いて  

過去に3度はお会いし、木に対する認識を根本から変えていただいた方の話に対する感想になったのは、何かのご縁を感じながら興味深く聴かせていただきました。 初めて知ったのはNHKのクローズアップ現代の番組でした。印象深く、今も忘れないこととして、木材を「適材適所」に使うことだった。 
それから大変興味を持って様々な木に興味を抱き、様々な形で応用し、今も尚木の知識に興味は尽きない。それぞれの木が果たす役割が、家屋の空気の浄化や断熱、保温など人間の五感と家にとっても好循環的に働いていることがわかり、ますます日本の家屋の素晴らしさを実感させられている。本題から逸れてしまいましたが、このような方が現在考えていることが、山に入ることを改めて見直していると言われ、やはり現場で聴く木の知識には限界が無い、含蓄があるということだと感じさせられた。 木が好きで木の良さを日本中に知らせ普及することを楽しみながら、純粋に取組まれていることに改めて感動させられた。

少し残念なこととして、天然乾燥から人工乾燥に転換されたことだ。新月伐採の話を交換したことのある人だけに残念な気がしたが、やはりクレームは例え僅かでも避けたいということなのかと考えさせられた。

是非、次は新月伐採の良さも会員に方々に聞いてみてもらいたいものだと思った。


上田恵三 あんど設計(株)

第76回  2007.06.04  「プレカット調整事項及び住宅性能表示による現場検査事項」 
             -(有)立石建築設計 立石光紀様-

 

 

<感想>

今回は立石さんによる、プレカットを中心に、住宅保証制度等の現場検査のこと、広島における悪徳リフォームの実態まで勉強しました。

プレカットについては、立石さんの実際の物件を例に、業者任せにするのではなく設計者としてチェックすることが大切、こった意匠部分もいろいろ考えてプレカット図に反映できる点を学びました。教材に使った物件は現在建築中とのこと、完成間際には是非見学させていただきたいと思いました。

現場検査では、実際の不良施工物件の写真もあり、住宅保証制度の検査における指摘例などがとても参考になり、明日から現場へ行ったときは目の付け所がちょっと変わるかな?

悪徳リフォームは、決してそういう業者と呼ばれないように頑張っていこうと思います。

 

井川満生 

第75回  2007.05.14  「リフォームについて」

第74回  2007.04.16  「作庭士齋藤忠一氏に学ぶ」 -齋藤忠一様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:05
講師紹介

18:05~20:55
「作庭士齋藤忠一氏に学ぶ」 -齋藤忠一様-

 

文・写真:事務局