2006年度

 

 

第73回  2007.03.12  次年度検討・懇親会

第72回  2007.02.19  「木造住宅の免震・制振について」
             -CERA建築構造設計 一級建築士事務所

                             代表 世良信次様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:05
講師紹介

18:05~20:55
「構造8:木造住宅の免震・制振について」
 -CERA建築構造設計 一級建築士事務所 代表 世良信次様-

 0.はじめに(自己紹介)
 1.免震とは?制振とは?
 2.免震のしくみと免震装置の種類と機能
 3.制振のしくみと制振装置の種類と機能
 4.実例紹介
 5.免震告知2009号による設計計算方法
 6.免震告知による設計例
 7.おわりに
□なんでも質疑応答

 

20:55~21:00
事務連絡

文・写真:事務局

第71回  2007.01.15  「耐震診断の経緯と概要について」
             -(有)立石建築設計 立石様-

            「耐震診断(一般診断法)の実例紹介」

             -Uh設計室 上竹様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:05
講師紹介

18:05~20:55
「構造8:木造住宅の免震・制振について」
 -CERA建築構造設計 一級建築士事務所 代表 世良信次様-

 

文・写真:事務局

第70回  2006.12.11  「低価格住宅の状況」 -立石会員様・山根会員様-

            忘年会

 

 

主な内容は…
18:00~18:45
低価格住宅の状況1 -立石様-

18:45~19:15
低価格住宅の状況2 -山根様-

その後会場を移して忘年会を行いました。

 

文:事務局

第69回  2006.11.20  「構造6:耐力壁について」
             1)日本の建築史と構造・耐力壁
              -越智産業株式会社 営業統括グループ
               テクノサポートチーム チームリーダー 竹之内貴浩様-

             2)面材で作る耐力壁と防火認定など
              -大建工業株式会社

               ダイライト・岡山FB事業部・商品開発部 外山竜也様-

 

 

主な内容は…
18:00~20:20
1)日本の建築史と構造・耐力壁

 

20:20~20:50
2)面材で作る耐力壁と防火認定など

 

文:事務局

<感想>

今回は木造建築構造の歴史と耐力壁について学びました。

1.日本に於ける木造建築
 法隆寺をはじめ、日本において千年以上の歴史ある、伝統工法の事は過去の学習会で学

 んでいたので、多少は知っていたが、国家レベルで、理論体系を持って『構造耐力』

 に言及したのは明治半ばであった事を初めて知りました。
2.耐力壁と筋交い
 度重なる地震被害に伴い、木造の構造耐力に対する考え方も進化していった。
 強度に関し「全体バランスが大切」なのは当然であるが、その中で壁面の強度を確保す

 る為に、在来軸組み工法では、『筋交い』が多用されてきた。

3.筋交いと面材
 ツーバイフォー工法(枠組み壁工法)では「面材による」壁の耐力確保をしている。
 近年、在来軸組み工法にも、この手法が取り入れられている。
 筋交いに比べ、均等な耐力を確保し易い事、技能者(大工さん)の能力による差が出難

 い事などが主な理由と思われる。
 現状の壁構造を大別すると・・・、
 ①在来のように筋交いのみで構成。
 ②筋交いと面材を併用する。
 ③面材だけで構成する。
 ・・・以上の3つになる。

現場技能者の確保と養成が困難な現代、この「面材による」耐力確保は増え続けると予想されています。

 

文責:建築工房ノーマン 野間 泰治

第68回  2006.10.16  「構造5:金物について」
             -(株)タナカ 住宅資材事業部広島営業所 中澤龍一様-

            「木質ラーメン構造の紹介」

             -土岡会員様・立石会員様・事務局河野-

 

 

主な内容は…
18:00~18:05
事務連絡

18:05~20:20
「構造5:金物について」

 -(株)タナカ 住宅資材事業部 広島営業所 中澤龍一様-

 金物の種類や表面処理、使用箇所等についてお話し頂きました。
 また、金物構法のVTRも見せて頂きました。

 

20:20~21:00
「木造ラーメン構造について」
 -(有)アクト建築設計事務所 土岡様、(有)立石建築設計 立石様

  事務局 河野-
 2方向木質ラーメン構造と門型ラーメン構造の紹介を行いました。

 

文:事務局

第67回  2006.09.11  「断熱材全般について」 -越智産業 白川様-

            「断熱材全般 体験談 

               炭化コルク、羊毛、パーフェクトバリア、その他」
             -あんど設計 上田様-

            「発泡系の外断熱の現状(現場でのゴミ処理について)」
             -永本建設 永本様-

            「セルロースファイバー 体験談」

             -プラスワンオフィイス 山根様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:15
資料配付

18:15~19:00
断熱材全般について -越智産業 白様-
 断熱材の種類と特徴についてお話し頂きました。

 

19:00~19:45
断熱材全般 体験談 : 炭化コルク、羊毛、パーフェクトバリア、その他
 -あんど設計 上田様-
 自然素材の断熱材について経験をふまえて紹介して頂きました。

 

19:55~20:30
発泡系の外断熱の現状(現場でのゴミ処理について) -永本建設 永本様-
 発泡系外断熱の現状とゴミ処理の取り組みをお話し頂きました。

 

20:30~20:50
セルロースファイバー 体験談 -プラスワンオフィイス 山根様-
 体験談と温度湿度データをお話し頂きました。

 

その後事務連絡

文・写真:事務局

 

 

<感想>

今回は、当研究会メンバー4人の方に構師になっていただいての <断熱材について> の勉強会でした。

① 越智産業   担当:白川氏
   断熱材全般・・・ウール系、フォーム系、ボード系、等の特性、留意点の説明でした。

② あんど設計  担当:上田所長
   炭、麻、羊毛、ALC、等 自然派断熱材の体験談
      ・外気熱を中に入れない工夫が一番ではないか。
        ・日頃接しない素材なので参考になりました。
      ・材料の検証をされた説明を聞きました。

③ 永本建設   担当:永本社長
      ・外断熱工法の現状と今後の取り組み方について
      ・現場でのゴミ再資源化について
       みんなでこの方法を取れば地球にやさしくなれそうです。
      ・(みんなで森づくり) 広島西部ロハスの会
        小さな力が大きな力に・・・・ 

④ セルロースファイバー体験談  担当:山根所長
      ・自宅兼事務所で使用され、追跡調査報告でした。


 ○ 数有る断熱材の中から適材適所に使用していければ 
 ○ やがては 昔の竹小舞に土壁 に戻るのでしょうか。
 

文:仲村設計工房  仲村正夫

第66回  2006.08.21  「構造4:木造住宅工事仕様書」
             -住宅金融公庫 中国支店 まちづくり推進グループ
                             総括調査役 吉田祐寛様
              住宅金融公庫 中国支店 業務推進グループ 

                               調査役 鈴木俊彦様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:15
事務連絡・マンション診断設計協同組合の紹介 -河野様-


18:15~21:00
「構造4:木造住宅工事仕様書」
 -住宅金融公庫 中国支店 まちづくり推進グループ 総括調査役 吉田祐寛様
  住宅金融公庫 中国支店 業務推進グループ 調査役 鈴木俊彦様-

フラット35技術基準対応木造住宅工事仕様書(平成17年改訂)解説付をもとに解説して頂きました。

 

文:事務局

 

 

<感想>

今月の勉強会は「木造住宅工事仕様書について」の内容でした。
住宅金融公庫から講師の方が来られ、分かりやすく説明していただきました。
講義の中で仕様書は標準的な仕様がまとめてあり、特に耐久性に関する事項を重視しているとのことでした。

しかし、構造等級や省エネ等級など多くの部分で選択の余地があり、個々の施主の要望に合わせてコストと性能のバランスを取りつつ、設計していきたいと思います。

文:Uh設計室 上竹 哲也

第65回  2006.07.10  「住宅にかかわる税金と賢い対策」
             -木村税理士事務所 木村守孝様-

            「住宅ローンと火災保険」
             -広島信用金庫 営業支援部住宅ローンセンター

                          センター長 古田健司様-

            「フラット35」
             -住宅金融公庫 業務推進グループ 調査役 鈴木俊彦様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:05
講師紹介

18:05~18:55
「住宅にかかわる税金と賢い対策」 -木村税理士事務所 木村守孝様-
 ・住宅取得税
 ・固定資産税
 ・借入特別控除
 ・贈与税
 ・相続税
 ・その他

 

19:05~20:00
「住宅ローンと火災保険」
   -広島信用金庫 営業支援部住宅ローンセンター センター長 古田健司様-
 ・民間の住宅ローンについて
 ・住宅ローンの種類
 ・審査について
 ・申込から融資実行までの流れ
 ・つなぎ融資について
 ・住宅ローンに付随する保険
 ・住宅ローンに関する諸費用
 ・その他

 

文・写真:事務局
<感想>
今月の勉強会は「住宅とお金 税金・保険・ローン」についての内容でした。

独立して間もない私にとって、今回の内容のすべてに理解とまではいきませんでしたが、住宅に関係する税金にはどのようなものがあるのか、また住宅ローン・保険の種類などを知る良い勉強会になりました。
関心を持たないと知らないま過ごしてしまうところでしたが、今回の勉強で設計者として、施主と関わっていく上でも知っておく必要があるということをしっかりと認識しました。

文:典設計室 岡平隆広

第64回  2006.06.12  「構造:構造概論」 -副代表 河野様-

            「構造3:基礎」 -担当幹事 立石様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:25
・事務連絡
・(有)アクト建築設計事務所 土岡様より第62回の宿題
・松下電工 佐々木様より松下電工関連の紹介

18:25~19:40
「構造概論」-河野設計室 河野様-

 

19:50~20:50
「構造3:基礎」 -(有)立石建築設計事務所 立石様-

 

文:事務局
<感想>
今月の勉強会のテーマは構造の3回目ということで建築の構造についての内容でした。

立石様よりその中で建築基準法に関する誤解があるというお話しがありました。
ひとつは建築基準法は最低の基準であり最高の基準ではないこと。
2つめに建築確認で構造計算書の提出が求められていないからといって構造計算の必要が無いわけではないこと。
3つめに建築確認申請に提出する必要が無い一般建物が異なれば地盤強度や建物の形状・重量など当然異なるわけで当然計算が必要であること。

要するに設計者としてあくまでも安全性を追求しければならないと改めて認識させて頂きました。

文:永本建設株式会社 水本

第63回  2006.05.15  「構造2:地盤」-新日本建設(株)村上様、井上様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:10
講師紹介

 -新日本建設(株)取締役専務 村上真一様、広島支店 営業課長 井上 英樹様-

18:10~20:55
地盤について
 ・軟弱地盤とは?
 ・地盤事故とは?
 ・地盤に関する工務店の義務・責任は?
 ・注意する地盤
 ・地盤調査 周辺調査/現況調査/地耐力調査
 ・戸建て住宅の地盤調査方法
 ・スウェーデン式サウンディング試験
  試験の原理/調査ポイント/調査データの見方/試験結果より/住宅以外での採用実績
 ・地盤問題の現状
 ・軟弱地盤対策 表層改良/鋼管杭打/柱状改良
 ・ビデオ放映
質疑応答

 

写真:立石幹事
文:事務局

第62回  2006.04.17  「構造1:構造概論」-(有)アクト建築設計事務所 土岡様-

 

 

主な内容は…
18:00~18:15
事務連絡
 ・脇長様「ドイツエコツアー」紹介
 ・代表 野間様 副代表 河野様、花本様
 ・新会員紹介 森沢様、花本様
 ・事務局より 出欠連絡不要、欠席者資料郵送は希望者のみ

18:15~19:30
「構造1:構造概論」-(有)アクト建築設計事務所 土岡様、河野設計室 河野様-
土岡氏には最新の振動実験設備から、金物、制震、免震、までお話し頂きました。
河野氏には構造の基本:荷重の種類と接点の種類についてお話し頂きました。

20:30~20:55
永本様 鉄の匠個展・廿日市もりづくり 紹介

 

文・写真:事務局